スマホで見られるトレンド・ニュース > 小平 奈緒

『小平 奈緒』をGoogle Newsで検索

小平 あすの500m前に調整 スピードスケート女子 ピョンチャンオリンピックのスピードスケート 女子1000メートルで銀メダルを獲得した小平奈緒選手が、18日の女子500メートルに向けて、17日午後6時半ごろからリンクの上で調整しました。
深夜の圧勝劇!?NHK五輪ハイライトに「もう他局は見ない」大絶賛のワケ 2月14日の午前中は男子スノボ、平野歩夢とショーン・ホワイトの名勝負。夜は女子スピードスケートで小平奈緒、高木美帆のダブル表彰台と、にわかに盛り上がってきた平昌五輪。とはいえ、競技時間中は仕事などの都...
平昌オリンピック、主な日本人出場の競技と放送予定(2月18日) 平昌オリンピックは第10日の2月18日、スピードスケート女子500メートルに小平奈緒選手(31)が出場する。小平選手はこの種目24連勝中と最も得意としており、金メダルの期待がかかる。 日本人が出場する主な競技とテレビの放送予定(中継)は次の通り(敬称略)。 9:05 カーリング男子予選(日本対アメリカ) NHK Eテレ、NHK総合 10:00 スキースロープスタイル男子予選(山本泰成) 10:15 アルペンスキー男子大回転1回目(石井智也) BS1 13:45 アルペンスキー男子大回転2回目(石井智也) BS1 …
五輪報道「金メダル確実」の煽りに批判 「銀も十分すごい」 盛り上がりを見せる平昌五輪。2月15日の時点では、日本は銀メダル4個、銅メダル3個を獲得している。前半戦最大のメダルラッシュとなったのは2月14日。スノーボード男子ハーフパイプで平野歩夢が銀、ノルディック複合で渡部暁斗が銀、スピードスケート女子1000メートルで小平奈緒が銀、高木美帆が銅と、日本選手が1日で4つのメダルを獲得した。しかし、大会前には小平奈緒や渡部暁斗について、「金メダル確実」あるいは、「金メダル有力」などと報じられることが多かったこともあり、Tw 全文 STANDBY 02月17日11時58分
Sトラック女子1500m、準決勝進出は菊池姉妹の五女・純礼1人…三女・悠希、18歳・神長は敗退 ◆平昌五輪第9日▽ショートトラック女子1500メートル(17日、江陵アイスアリーナ)日本勢は菊池姉妹の三女・悠希(27)=ANA=、五女・純礼(22)=トヨタ自動車=、神長汐音(18)=長野・小海高=の3人が出場。1組の菊池純礼は、スピードスケート女子1000メートルで小平奈緒、高木美帆を抑えて金メダルを獲得したテルモルス(オランダ)に次ぐ3位で準決勝進出を決めた。4組に出場した三女・悠希は失格で予選敗退。6組の神長は序盤の位置取りで体力を 全文 スポーツ報知 02月17日 19時41分
平昌メダルはや9個、長野に迫る ワンツーは札幌以来 平昌冬季五輪第9日は17日、フィギュアスケート男子で羽生結弦(23)=ANA=が日本勢待望の金メダル、宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=も銀メダルに続き、この種目を終えた時点で、日本は今大会の獲得メダルを9個(金1、銀5、銅3)に伸ばした。海外開催の冬季五輪で最多の2014年ソチ大会の8個を上回り、メダル総数は歴代2位。98年長野大会の10個(金5、銀1、銅4)の更新も見えてきた。冬季五輪の日本勢ワンツーは、72年札幌大会のスキー男子70メート 全文 朝日新聞デジタル 02月17日20時14分
清水宏保氏、高木美帆と小平奈緒の銀メダルに「共通するのは悔しい銀メダルということなんです」 元スピードスケート選手の清水宏保氏(43)が17日放送の日本テレビ系「ウェークアップ!ぷらす」(土曜・前8時)に生出演し、平昌五輪で女子スピードスケート1500メートルで銀、1500メートルで銅を獲得した高木美帆(23)と1000メートルで銀メダルの小平奈緒(31)の心境をおもいやった。清水氏は1998年の長野五輪の500メートルで金メダル、1000メートルで銅メダル。2002年のソルトレイク五輪で500メートルで銀メダルを獲得した。その上で 全文 スポーツ報知 02月17日 10時03分
深夜の圧勝劇!?NHK五輪ハイライトに「もう他局は見ない」大絶賛のワケ 2月14日の午前中は男子スノボ、平野歩夢とショーン・ホワイトの名勝負。夜は女子スピードスケートで小平…
【平昌五輪】異次元の記録に挑む小平 悲願の500金と「低地での36秒台」 【江陵(カンヌン)=大宮健司】世界初の低地での「36秒台」。18日のスピードスケート女子500メートルに臨む小平奈緒(相沢病院)は金メダル獲得に加え、もう一つの高い目標を抱く。この種目は直近までの24レースに全て勝ち、ライバルを寄せ付けない。それでも「まだ誰もやったことがない滑りをしたい」と意気込む31歳は五輪の大舞台で、前人未到の領域に挑もうとしている。7日に本番会場で開かれた記録会。小平は自身が11月のワールドカップ(W杯)で出した、低地 全文 産経新聞 02月17日22時47分
日本のメダル 海外での冬の五輪で最多に フィギュアスケート男子シングルで羽生結弦選手が金メダル、宇野昌磨選手が銀メダルを獲得し、ピョンチャンオリンピックで日本が獲得したメダルは合わせて9個となり、海外で開かれた冬のオリンピックで過去最多となりました。
24連勝中の小平 女子500メートルで14組、五輪2連覇中の李相花は15組目 スピードスケート女子500メートル(18日、午後8時56分号砲)で最強の2人が決着をつける。組み合わせが決まり、この種目24連勝中の小平奈緒(31=相沢病院)が全16組中の14組目、五輪2連覇中の李相花(28=韓国)が15組目に入った。「無傷のエース」と「韓国の女帝」が激突する“日韓頂上決戦”から目が離せない。小平は16年3月のW杯で8位になってから約2年間、負けなし。昨年12月のW杯第4戦(米ソルトレークシティー)で自己最速となる36秒50 全文 スポニチアネックス 02月17日19時25分

『小平 奈緒』の関連ワードby kizasi.jp

検索回数上昇中のワード Googleby trends.google.co.jp

2018/02/18 04:00更新