スマホで見られるトレンド・ニュース > 転倒

『転倒』をGoogle Newsで検索

田中刑事は合計244・83点 最初の4回転サルコーは成功/フィギュア 平昌五輪第9日(17日、江陵アイスアリーナ)フィギュアスケート男子フリーが行われ、SP20位の田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=は5番目に滑走し、164・78点。SPとの合計は244・83点となった。最初の4回転サルコーに成功。しかし、続く4回転サルコーからの連続ジャンプに挑んだものの、1本目で転倒。さらに2度目のトリプルアクセルで転倒した。
4回転時代先導・金博洋ガッツポーズ 3回着氷の好演技 (17日、平昌五輪・フィギュア男子フリー)金博洋(中)がフリーで3回の4回転を着氷する好演技を見せた。冒頭の4回転ルッツを成功させ勢いに乗った。4回転トーループは1回転倒したものの、持ち直した。演技が終わるとガッツポーズが飛び出した。「4回転時代」の火付け役の一人。シニアデビューした2015年のグランプリ(GP)シリーズ初戦の中国杯で難度の高い4回転ルッツ―3回転トーループの連続ジャンプを成功。翌16年2月の四大陸選手権のフリーでは、史上初め 全文 朝日新聞デジタル 02月17日15時57分
ネーサン・チェンがフリー自己最高 田中刑事は合計244・83点/フィギュア 平昌五輪第9日(17日、江陵アイスアリーナ)フィギュアスケート男子フリーが行われ、SP20位の田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=は5番目に滑走し、164・78点。SPとの合計は244・83点となった。最初の4回転サルコーに成功。しかし、続く4回転サルコーからの連続ジャンプに挑んだものの、1本目で転倒。さらに2度目のトリプルアクセルで転倒した。一方、SP17位と出遅れたネーサン・チェン(18)=米国=はフリー自己ベストとなる215・08点を 全文 サンケイスポーツ 02月17日11時41分
田中刑事、合計244・83点 4回転サルコー着氷も得点伸びず ◇平昌冬季五輪フィギュアスケート男子フリー(2018年2月17日韓国・江陵アイスアリーナ)平昌五輪は17日、フィギュアスケートの男子フリーを行い、ショートプログラム(SP)で20位だった田中刑事(23=倉敷芸術科学大大学院)が24人中の5番目に登場した。164・78点をマークして、合計244・83点だった。五輪ではまだ1度も決まっていなかった4回転サルコ―は冒頭で見事に着氷。しかし続く4回転サルコ―からのコンビネーションジャンプで転倒。 全文 スポニチアネックス 02月17日10時51分
ジラールが金、韓国のイムは転倒4位 ショートトラック男子1000m 【2月18日 AFP】平昌冬季五輪は17日、スピードスケート・ショートトラック男子1000メートル決勝が行われ、カナダのサミュエル・ジラール(Samuel Girard)が1分24秒650で金メダルに輝いた。
五輪フィギュア:田中刑事 転倒、やりきれぬ表情 団体のフリーと個人戦のSPで成功していない序盤の4回転サルコウの成否が、田中刑事の演技を左右していた。「勢いを作りたい」と語っていたジャンプは冒頭はきれいに着氷。ただ、連続ジャンプにするはずだった2度目は転倒。演技後はやりきれない表情を見せた。
田中刑事、自己ベスト届かず244・83点 冒頭4回転サルコー成功 「平昌五輪・フィギュアスケート男子・フリー」(17日、江陵アイスアリーナ)日本の田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=が第1グループ、全体の5番滑走で登場した。フリー164・78点、合計244・83点と自己ベストには届かなかったが、全力を出し切った。冒頭の4回転サルコーは成功させたが、続く4回転サルコーからの連続ジャンプは1本目で転倒してしまった。中盤、単独の4回転トーループは最後開きながらも何とかこらえた。3回転アクセルからの3連続ジャ 全文 デイリースポーツ 02月17日10時52分
五輪ショートトラック:菊池純が11位 女子1500 平昌五輪のショートトラック女子1500メートル8-12位決定戦が17日、江陵アイスアリーナで行われ、菊池純礼(トヨタ自動車)は終盤に転倒し、4着で11位だった。
田中 ジャンプが乱れ合計244.83 フィギュア男子シングル ピョンチオリンピック、フィギュアスケートの男子シングルは後半のフリーが行われ、前半のショートプログラムで20位の田中刑事選手は全体の5番目に登場し、164.78をマークしました。合計得点は244.83です。
宇野昌磨、銀メダル!態勢崩しながらも執念の着氷 羽生とワンツー!! ◇平昌冬季五輪フィギュアスケート男子フリー(2018年2月17日韓国・江陵アイスアリーナ)平昌五輪は17日、フィギュアスケートの男子フリーを行い、ショートプログラム(SP)3位の宇野昌磨(20=トヨタ自動車)が202・73点をマークして、合計306・90点。銀メダルを獲得した。曲はプッチーニのオペラ「トゥーランドット」。冒頭の4回転ループで転倒したものの、4回転フリップは成功、3回転ループも決めた。演技後半、イーグルからのトリプルアクセ 全文 スポニチアネックス 02月17日14時07分
金博洋は合計297.77 フィギュア男子シングル ピョンチャンオリンピック フィギュアスケートの男子シングルは後半のフリーが行われ、前半のショートプログラムで4位の中国の金博洋選手は最終グループの2番目に登場し、194.45をマークしました。合計得点は、297.77でこの時点でトップに立ちました。金選手は、4回挑んだ4回転ジャンプのうち1回は転倒しましたが、それ以外はすべてのジャンプで着氷しました。

『転倒』の関連ワードby kizasi.jp

検索回数上昇中のワード Googleby trends.google.co.jp

2018/02/18 04:30更新