スマホで見られるトレンド・ニュース > 馬場ももこ

『馬場ももこ』をGoogle Newsで検索

テレビ金沢・馬場ももこ、徳島えりかの男事情をネットで仕込んだ? 2月13日に放送されたバラエティ番組「踊る! さんま御殿!!」(日本テレビ系)にテレビ金沢の馬場もも…
「大逆転、カオスが漂うフェブラリーSと仮想通貨」藤川京子の今日この頃 フェブラリーS 巨額の不正流出で、連日メディアを賑わせていたビットコインを代表とする仮想通貨が日本国民に認知されたようです。今はまだカオス通貨と言った方が良いかもしれませんが、この先に何が待ち受けているかは分かりません。現在は否定的な意見の方が多いですが、認知されたおかげで、安い仮想通貨に参加する人が増えると思います。ねずみ講だという人もいますが、それを聞いた人は、それなら早く参加した方が儲かると思ってしまう人もいると思います。世の中の動きはロジックではあり 全文 リアルライブ 02月17日16時05分
【魅惑のギャンブル場メシ】ギャンブル場で味わう最高のフライドチキン!千葉県船橋市・中山競馬場の「鳥千(とりせん)」 老若男女が己の人生を賭して戦う場所、それが「鉄火場」。 そんな様々な人生の点と線とが交差する「鉄火場…
【たんぽぽ賞】好調維持コウエイユキチャン 【たんぽぽ賞(20日、佐賀競馬場1400メートル)】発足当初はJRA小倉競馬場で行われていた特別競走。九州産の3歳馬限定重賞という側面から“九州産馬のダービー”とも言える位置づけになっており、地元生産者の多くがこのレースを大きな目標として熱い視線を注ぐ一戦だ。優勝は荒尾競馬場で行われた06年トウショウヒカリ(兵庫)を最後に、地力に勝るJRA勢が独占。JpnIII「佐賀記念」と同日に組まれていた例年とは異なり単独開催となるが、施行時期自体に変化は 全文 東スポWeb 02月17日12時00分
【京都牝馬S】デアレガーロが末脚鋭く半馬身差2着 池添「重賞で通用することは分かった」 ◆第53回京都牝馬S・G3(17日・芝1400メートル、京都競馬場、良)1番人気のミスパンテール(横山典弘騎手)が直線外から勢いよく差し切り勝ち。3連勝で、前走のターコイズSに続く重賞2連勝を果たした。ともに差してきた4番人気のデアレガーロ(池添謙一騎手)が半馬身差の2着。直線でいったんは先に抜け出した5番人気のエスティタート(武豊騎手)がさらに首差の3着だった。池添騎手(デアレガーロ=2着)「ペースが落ち着いて力むところがありました。一瞬 全文 スポーツ報知 02月17日 16時44分
【フェブラリーS】夕刊フジ・調教チェッカーズ オリンピックが始まって思うのは、「4年」が本当に早く感じるようになってしまったということ。ソチ五輪なんて、どう考えても去年かおととしの話。カール・ルイスのロス五輪だって、10年くらい前だった気がしてきた。やだやだ。
子どもたちが馬を飼育し調教 離島の“留学”制度で人口減に歯止め 地方創生の掛け声から4年。地方の活力を取り戻すのにマニュアルはない。そうした中、人口の「社会増」を実現した自治体がある。住民たちと一緒に悩み、汗をかく……。地方創生の陰には、公務員という「黒子」たち
「最後方からノンコ」来ないか? 「競馬巴投げ!第163回」1万円馬券勝負 『競馬妄想辞典』(仮題)という単行本を出してくれるという奇特な出版社が現れて、過去に書いたものを(当コラムを含めて)集…
日曜はGI開幕戦・フェブラリーS!絶好調の花田にも注目 各TM&記者が、買い目と金額を明示して回収率を競い合う「ガチンコ収支バトル」は、一日の中で各スタッフが「どうしても買いたい!」というレースをセレクトしているので、的中精度は抜群。無料で読める予想やデータ系コンテンツもそろっているので、ぜひ参考にしてみてください。
エイト山本は土曜東京最終Rの単複で4万500円獲得 【東京12R】 ◎(6)リライアブルエースは重賞を2勝したアルバートドックの全弟。脚部不安で約1年半も戦列を離れていたが、立ち直りさえすれば、まだまだ出世を目指せる好素材だ。
【京都牝馬S】ミスパンテールV 横山典「上手に走ってくれてよく頑張った」 京都11R、京都牝馬Sはミスパンテールが差し切りV。横山典は「上手に走ってくれて良かった。下(馬場)も悪かったせいかこの間ほど切れはなかったけど、頑張ってくれました」とねぎらった。重賞連勝に昆師も「ハンデ戦で連勝してきた馬が別定戦で勝てた。能力はありますね」と手応えを感じ取っていた。 全文 スポニチアネックス 02月17日18時12分

『馬場ももこ』の関連ワードby kizasi.jp

検索回数上昇中のワード Googleby trends.google.co.jp

2018/02/18 04:30更新